HOME > 一般歯科:口臭が気になる方

口臭の原因は9割以上が口の中に!!

口臭とは

口の中にはもともと何百億という細菌が住んでいます。これらの細菌が口の中の食べカス、はがれた粘膜細胞、歯周ポケットからの滲出液などに含まれる「たんぱく質」を分解する時に口臭のもとになる臭気成分「揮発性硫化物」が作り出されます。この成分が口から吐き出されると悪臭と感じ、口臭となります。

15歳以上で15~20%に口臭があるといわれ男性の方が女性よりも口臭が強いというデータもあります。

口臭の臭気成分
  1. メチルカプタン
    • ・・たまねぎの腐ったような臭い
  2. 硫化水素
    • ・・卵の腐ったような臭い
  3. ジメチルサルファイド
    • ・・キャベツの腐ったような臭い

これらの成分を口臭の3大揮発性硫化物といいます。

口臭の種類
  1. 生理的口臭
    • 程度の差はあるが、健康な人でもある口臭
  2. 病的口臭
    • ◎口腔内に原因があるもの
    • 舌苔、歯周病、虫歯、唾液の減少などによる口臭
    • ◎全身的な疾患に原因があるもの
    • 胃腸、呼吸器などの疾患による口臭
  3. 心因性口臭
    • 検査をしても口臭が認められない自分で思い込んでいる口臭
  4. 外因的口臭
    • 臭いの残る食べ物、お酒、タバコなどによる口

>>口臭について

>>口臭の分類